アダムソン・エリック博物館

エストニア国立美術館の支部であるアダムソン・エリック博物館は、タリン旧市街のロマンチックな階段通りの歴史的な商民家に位置する。博物館はアダムソン・エリック画家の未亡人のマリ・アダムソン氏の約1000点の作品を含む高価な寄贈品に基づいて創設された。常設展は1983年12月2日に公開された。

エストニアで最も評価されているアーティストの内の一人であるアダムソン・エリックに奉げている博物館は、本人の作品を収集、保存、研究及び宣伝するこ とを目的としている。アダムソン・エリックは様々な分野の名手で、殆ど全部の応用美術分野に関わっていた。

博物館の二階のホールにある常設展は、彼の多くのコレクションの中からその一部をを紹介し、一階と地下にあるホール、または夏に利用できるロマンンチックな中庭では一時的な展覧会が行われる。

博物館は上記の活動に加え、20世紀のエストニアの美術史にフォーカスし、国際関係及び海外美術との比較研究に基づいている特別な展覧会及びセミナーを開催する。